デザインパターンは、プログラミング初級者と中級者を分ける1つのキーワードかもしれません。 しかし有名な書籍やWEBサイトで学習してもうまく理解できない人が多いようです。 いえ、実際には理解できないのではありません。 書籍に書いていることは分かるけど、

  • どこでどのように使える技法なのかがイメージできない
  • 実際の課題で最適なパターンを選べない

ということなのです。

「有名なデザインパターンを多く学ぶ」→「現実のプログラミングの課題で最適なパターンを選択し実装する」

これができる人はすでに中級者以上です。 初級者はまずは1つか2つのパターンでもよいので、実際の課題にきちんと活用できる、自分の得意なパターンを持つことから始めなければなりません。

今回は出来る限り具体的な、業務システム開発にありがちな課題にポイントを絞って、そこで活用できるデザインパターンを講義で解説します。 あくまで実践にこだわった「課題ドリブンのデザインパターン入門」でぜひ学びを得てください。

 

お申込みはこちら